鶏肉

食育
食育.net食育と肉・卵・乳製品>鶏肉

鶏肉の特徴

鶏肉は、「低カロリー、低脂肪、高たんぱく」という特徴を持っており、ダイエットにもよく使われる肉類の一つです。鶏肉は筋肉量を落とすことなく、体脂肪だけを燃焼させる効果があります。

スポンサードリンク

鶏肉の効果・効能

鶏肉におけるアミノ酸スコアは満点の100となっており、良質なタンパク質を含有している食品といえるでしょう。また、鶏肉の黄色い脂肪には「オレイン酸」「リノール酸」といった不飽和脂肪酸が多く含有されています。これらの不飽和脂肪酸は、体や脳の細胞を正常に保つ効果があるとされます。

ただし、鶏肉の皮部分には、コレステロールを上げる「パルミチン酸」が多く含有されておりカロリーも高めなので健康を考えるのでしたらなるべく皮部分は食べないようにしましょう。

鶏肉の手羽先には、皮膚の新陳代謝を高め美肌効果がある「コラーゲン」が多く含まれています。コラーゲンはカルシウムの吸収率を高め血管を強化する効果もありますので、生活習慣病の予防にも役立ちます。

鶏肉の主な効用

 

鶏肉料理・レシピのポイント

鶏肉に含まれている「不飽和脂肪酸」は酸化しやすい性質があり、酸化してしまうと有効成分が失われてしまいます。なるべく新鮮なうちに鶏肉は調理しましょう。
なお、ビタミンEを多く含む「ひまわり油」などで調理すると不飽和脂肪酸は酸化しにくくなります。

鶏肉の選び方

スーパーなどで「鶏肉」を選ぶときのポイントを解説します。

  • 肉に厚みがあり、弾力のあるもの
  • ツヤがあり、肉の色に透明感があるもの
  • 皮がやや黄色みを帯びているもの
  • 皮の毛穴が盛り上がっているもの

 

 

スポンサードリンク
食育と肉・卵・乳製品

牛肉
鶏肉
豚肉

チーズ
レバー

食育オススメサービス
らでぃっしゅぼーや
らでぃっしゅぼーやは有機野菜や無添加食品の会員制宅配サービスです。今なら有機野菜や無添加食品が最大7000円分プレゼントされます。

 

食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

食育とは
栄養の基礎
食事バランスガイド
  |-主食
  |-主菜
  |-副菜
  |-牛乳・乳製品
  |-果物

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2015 食育.net All rights reserved.

食育.netにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。