食事バランスガイド

食育
食育.net栄養の基礎>食事バランスガイド

食事バランスガイドとは

健康な食生活を送るにあたっては、様々な食べ物をバランスよく摂取する事が大切だといわれています。05年6月に厚生労働省が「食事バランスガイド」を策定し、毎日の食事メニューのバランスの摂り方のアドバイスをしていますので参考にしてみましょう。

スポンサードリンク

食事バランスガイドと料理の数え方

厚生労働省の定めた食事バランスガイドでは、食事の単位を料理として、その種類ごとに「1つ」「1.5つ」「2つ」と数えています。ちなみに、この1つを1SV(サービング)とも呼ばれる場合があります。そして、1日分の食事量として、以下がバランスの取れた食事とされています。

主食(パン・ごはん・麺) 食事バランスガイド推奨量:5-7つ(SV)

炭水化物(および糖質)の供給源です。主菜や副菜によって、適宜組合せます
(食事バランス例)
1つ分(1SV)=ご飯小盛り、おにぎり1個、食パン1枚、ロールパン2個
1.5つ分(1.5SV)=ご飯中盛り
2つ分(2SV)=うどん1杯、盛り蕎麦1杯、スパゲティー

 

主菜(肉、魚、卵、大豆など) 食事バランスガイド推奨量:3-5つ(SV)

体を構成するタンパク質の大事な供給源です。特に、魚や大豆などからのタンパク質摂取を心がけましょう
(食事バランス例)
1つ分=冷奴、納豆、目玉焼き
2つ分=焼き魚、魚の天ぷら、刺身
3つ分=ハンバーグ、豚肉のショウガ焼き、鶏のカラアゲ

 

副菜(野菜、キノコ、芋、海藻類) 食事バランスガイド推奨量:5-6つ(SV)

ビタミンやミネラルの大事な供給源です。また、第6の栄養素とも言われる食物繊維の供給源でもあります
(食事バランス例)
1つ分=野菜サラダ、酢の物、味噌汁、おひたし、ひじき、煮豆 など
2つ分=野菜の煮物、野菜炒め、芋の煮物

 

牛乳・乳製品 食事バランスガイド推奨量:2つ(SV)

骨などを構成するカルシウムの供給源です。特に女性には不足しがちですので積極的に摂取しましょう。
(食事バランス例)
1つ分=牛乳コップ半分、チーズ1かけ、スライスチーズ1枚、ヨーグルト1パック(小)

 

果物 食事バランスガイド推奨量:2つ(SV)

ビタミンやミネラルなどの供給源になります。
(食事バランス例)
1つ分=みかん1個、りんご半分、柿1個、桃1個

 

食事バランスガイドと健康づくり

上記で例示したように食事バランスガイドにおいては、上記のように一日に摂取すべき食事について厚生労働省および農林水産省により指針が発表されています。

主食:5-7
副菜:5-6
主菜:3-5
牛乳:2
果物:2

主食で考えると、朝(食パン1枚)、昼(蕎麦1杯)、夜(ご飯2杯)でちょうど一日の量5つ分となります。このように、一日の食事内容を考えて上記のバランスガイドの数字に近づけることが偏りのない食事を行う基本となるわけです。

 

スポンサードリンク
食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

食育とは
栄養の基礎
食事バランスガイド
  |-主食
  |-主菜
  |-副菜
  |-牛乳・乳製品
  |-果物

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

食育.netについて

食育ドットネットの運営情報やリンクポリシーなどは、こちらからご確認ください。
>>食育.netについて

食育.net内における各栄養素の摂取基準は厚生労働省発表の「日本人の食事摂取基準」を基に作成しております。

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2015 食育.net All rights reserved.

食育.netにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。