ハーブティー

食育
食育.net食育と飲料>ココア

ハーブティーの特徴

ハーブティーはハーブと呼ばれる香草などをつかったお茶の総称です。ヨーロッパなどを中心に日ごろのお茶として、または薬草として広く利用されてきました。近年では、日本での利用も広がっているようです。

様々な種類があり、効果効能、味、特徴なども様々です。

スポンサードリンク

ハーブティーの効果・効能

ハーブティーの効能に関してはそれぞれのハーブの種類によって異なります。以下では代表的と言われるハーブティーの名前と簡単な特徴をまとめていきます。

  1. アイブライト (疲れ目、花粉症による目のかゆみなど)
  2. エキナセア (風邪、インフルエンザなどの感染症、アレルギー症状)
  3. エルダーフラワー (風邪の特効薬としてヨーロッパで愛飲)
  4. カモミール (眠れない夜に最適)
  5. カルダモン (消化促進、口臭予防)
  6. ギムネマ (ダイエットティーとして)
  7. サフラワー (冷え症改善、生理不順などに)
  8. シナモン (世界3大スパイス。体をあたためる)
  9. ジャスミン (魅力的な香り。気分の高揚、生殖機能改善)
  10. ジュニパーベリー (むくみ改善)
  11. ジンジャー (あたため)
  12. セントジョンズワート (抗鬱)
  13. タイム (殺菌効果、風邪などの症状緩和)
  14. ダンデリオン (利尿作用)
  15. ネトル (貧血、花粉症対策)
  16. ハイビスカス (疲労回復、むくみ)
  17. ヒース (美白)
  18. フェンネル (消化促進、むくみ予防)
  19. マテ (世界3大茶の一つ)
  20. マリーゴールド (消化器系、婦人科系)
  21. マロウブルー (整腸)
  22. ミント (リフレッシュ、殺菌、二日酔いなど)
  23. ラズベリーリーフ (安産、母乳の出をよくする)
  24. ラベンダー (リラックス)
  25. リンデン (鎮静、むくみ)
  26. ルイボス (アレルギー、アンチエイジング)
  27. レモングラス (殺菌、消化促進)
  28. レモンバーム (ストレス解消、抗うつ)
  29. ローズヒップ (美肌)
  30. ローズマリー (疲労回復、記憶力・集中力アップ)

ここで紹介したハーブティーは一例です。もっとハーブのことを詳しく知りたい方は「ハーブマガジン」などのサイトをご覧ください。
また、これらのハーブを「ブレンド」することでもっと美味しく楽しむことができます。

また、「ハーブティー専門店Design with Tea Salon」では多種多様なハーブに加え、様々な目的に応じた美味しいブレンドハーブを多数用意しています。ぜひご利用ください。

スポンサードリンク
食育と飲み物

紅茶
ココア
牛乳
緑茶

食育オススメサービス
らでぃっしゅぼーや
らでぃっしゅぼーやは有機野菜や無添加食品の会員制宅配サービスです。今なら有機野菜や無添加食品が最大7000円分プレゼントされます。

 

食育の基礎知識

食育の基礎知識では、食育を行なう上でここだけは抑えたい栄養成分や製品に関する基礎を解説。

食育とは
栄養の基礎
食事バランスガイド
  |-主食
  |-主菜
  |-副菜
  |-牛乳・乳製品
  |-果物

  病気予防・改善効果
アレルギー症状緩和
胃潰瘍予防効果
風邪予防効果
ガン予防効果
血栓症予防効果
解熱効果
高血圧改善効果
骨粗鬆症予防効果
糖尿病予防効果
動脈硬化予防効果
脳卒中/心筋梗塞予防効果
貧血予防

  美容・健康効果
肩こり解消
眼精疲労回復効果
記憶力アップ効果
抗菌/殺菌効果
消化促進効果
食欲増進
ストレス解消・イライラ解消
精神安定効果
整腸作用
ダイエット効果
夏バテ防止
冷え性改善
美肌/美容効果
疲労回復効果
二日酔い解消効果
便秘解消効果
むくみ解消効果
免疫力強化
利尿効果
老化防止効果

 

 

食育ホーム / 運営情報 / 野菜 / 穀物・豆・ナッツ / 果物 / 魚介・海藻 / 肉類・卵・乳製品 / 飲料 /

copyrights ©2006-2015 食育.net All rights reserved.

食育.netにおける情報の正確性(各栄養素および食品の効果・効能)には万全を期しておりますが、完全性の保障はいたしません。ご自身の栄養管理および医療(病気)情報に関しては専門機関にご相談ください。また、食育や各食品の栄養に関する情報は、「食育白書」「五訂日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」により作成されています。